2016年06月28日

ブヨ対策にはやっぱり「ハッカスプレー」!?


私、キャンプへ行くとブヨに狙われる体質です。ブヨって蚊に比べて痒いし、その痒みが長引く感じがします。妻も息子も噛まれないのですが、何故か自分ばかりがやられてしまいます。



「俺が盾になり、ブヨの襲撃から家族を守っているんだ!そのお陰でみんなに被害が無いなら良いじゃないか!」



って前向きに考えるようにはしていますが、自分ばかり何十箇所も噛まれるのは悔しいし、痒いの我慢しなきゃならないし、やっぱり噛まれるのは防ぎたいのが本心!!


という事で、ブヨ対策について考えてみました!自分と同じで噛まれやすい方はしっかりと対策しましょう!



ブヨに噛まれやすい体質とは?

吸血する虫たちは、獲物を二酸化炭素や体温で感じ取り近づいてくるらしいです。なので、新陳代謝が良く、体温が高い人や呼吸が多い人、アルコールを飲んでいる人等が狙われやすく、傾向的に血液型がO型の人を好むとの実験結果もある様です。自分は家族の中で1人O型なのですが、血液型で指定されると、私が刺されやすいのも納得できますね^^;




ブヨ対策にはハッカスプレーが効果的!

ブヨはハッカ(ミント)の匂いを嫌います。そこで、ハッカ油から自作のハッカスプレーを作って使っている方も多いですね。メントールという成分が入っている為、ハッカスプレーはスーッとする清涼感があり、暑い日のキャンプで使うと涼しく感じられるみたいです!


【ハッカスプレーの材料と分量】

  • ・ハッカ油 2ml
  • ・消毒用エタノール 10ml
  • ・精製水 90ml



【作り方】
  1. 1.ハッカ油とエタノールを良く混ぜる
  2. 2.そこに精製水を加え良く混ぜる
  3. 3.完成!!


ハッカ油はそのまま水と混ぜようとしても分離してしまうので、エタノールを加えて混ざりやすくするみたいです。ハッカ油はポリスチレンを溶かしてしまうので、使用するスプレーボトルは、ガラス性や耐アルコール性の物を選びましょう。

材料はドラッグストアの他、アマゾンや楽天の様なネット通販でも揃えられます。混ぜるだけで簡単に作れるのが良いですね!











でも、我が家では・・・

材料は近所のドラッグストアで直ぐに見つけられたののですが、耐アルコール性のスプレーボトルがなかなか見つけられず。。。(探し方が下手なのか?)
で、なんやかんやしてる間にこんな虫除けスプレーを発見して購入してみました。

image.jpeg

「KINCHO プレシャワーアクティブプラス 爽快なミントの香り」です!

天然ペパーミントオイル配合との事。ペパーミントオイルって、即ちハッカ油なのでは!?って考えて購入を決定!裏面の効能の欄に「ブヨ」の名前も挙げられているので、効果はあるハズ。
と言うわけで、とりあえずは見つけた既製品にて間にあわせようという作戦にしました(笑)
買ってからキャンプへ行ってないので効果はまだ分かりませんが、ミント成分できっとブヨは私には近づかないでしょう!(笑)キャンプで実際に試すのが楽しみです!




それでも噛まれてしまったら

予防をしていても噛まれてしまう場合もあります。ブヨの毒素には強いアレルゲン物質が含まれているため強い痒みや腫れが長引き、水ぶくれになってしまう事もありますので、噛まれてしまったら素早い対処が有効です。直ぐにポイズンリムーバー等を使って毒素を吸い出しましょう。吸い出すことで、痒みや腫れ等の症状を軽減できます。痒みが治らない時は、ステロイド系外用薬を使うと効果があるみたいです。






その他の予防策

ハッカスプレー等と一緒に蚊取り線香も併用するとより効果的かと思われます。キャンパーさん達が愛用しているのが「パワー森林香」ですね!私はまだ使った事は無いのですが、虫除け効果はかなり高く、最強の蚊取り線香とも言われているみたいです!






今回はブヨ対策について書きました。ハッカスプレーを使い寄り付かせない工夫も予防策として必要かと思いますが、一番有効なのはそもそも「肌の露出をしない事」かもしれませんね。(暑がりの方には厳しいと思いますが^^;)

暖かくなってくると、ヤツらも本格的に活動してきます!狙われやすい体質の方は特に注意深く対策して、被害を最小限に食い止めましょう!




アウトドア好きなら、スポーツオーソリティカードがお得です!私も持ってます^^ ↓








にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキングへ続きを読む
posted by けいすけ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

キャンプ時のつまづき対策してますか?


先日、パパ友家族と行ったキャンプ。息子も仲良しの友達と一緒の時間を過ごせたし、親達もゆっくりと色んな話ができて本当に素敵な時間を過ごせました。
(先日の記事:2016年3回目のキャンプ!事件発生!?)

ただ、子供達と過ごした中でちょっと改善したいなと思ったのが、テントのロープやペグにつまづいてしまう事です。子供達は自然の中で伸び伸び遊んでいますので、そこら中が遊び場となります。テントの周りもお構いなしに走り回りますよね。明るいうちは、ロープやペグも見えやすいのでつまづいて怪我をする事も少ないかも知れませんが、問題なのは日が暮れて暗くなってからです。キャンプ場には照明もありますが、細いロープやペグはどうしても見え辛くなってしまい、大人でも気を付けていないと、つまづいてしまいます。

そこで、何か安全策は無いか!?と自分なりに考えてみました。


つまづき対策その1:目立つ色のペグに替えてみる!!

ペグをカラフルな色の物に替え、目立たせる事で視認性を向上させる作戦です。村の鍛冶屋さんのエリッゼステークや、ドッペルギャンガーのネオンステークです。





これだけカラフルな色づかいなので、テントに付属している一般的なペグより確実に目立ちますよね!


つまづき対策その2:目立つ色のロープに替えてみる!!
ロープ見えやすい色に替えて、視認性を向上させる作戦です。
ロゴスから出ているオレンジのロープ。オレンジは結構目立ちますね。


そして、ドッペルギャンガーのロープは面白いです!もともと目立つ色なのですが、蓄光&反射するロープとの事で、暗いところでの視認性は抜群かと思われます!



つまづき対策その3:ペグを発光させちゃう!!

このペグにすれば、つまづく事はまず無くなるでしょう。UCOというメーカーが発売しているステイクライトというペグです。

image.jpeg
(画像はメーカーHPより)





ペグにLEDが装備されており、ペグ自体を光らせちゃうという商品です。単4電池で連続10時間点灯、フラッシュモードだと24時間点灯するらしい。全部このペグに替えると、テント周辺がかなり明るくなっちゃいそうなので、数本混ぜる位が良いのかもしれませんね。



対策のまとめ

ロープやペグへのつまづきは、転倒による怪我の他、ロープの緩みによるタープ等の倒壊や破損に繋がる懸念も考えられます。上記の様な視認性を高めるグッズを活用して、子供から大人まで安全にキャンプを楽しみたいですね〜!自分的には、ステイクライトがかなり気になっているので、もう少し研究してみて、導入を考えたいと思います!



アウトドア好きなら、スポーツオーソリティカードがお得です!私も持ってます^^ ↓








にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキングへ続きを読む
posted by けいすけ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

白石公園はこだてオートキャンプ場でキャンプ!


今年3回目のキャンプです!今回は、函館市にある白石公園はこだてオートキャンプ場へ、パパ友家族と行ってきました。
こちらのキャンプ場は、キャンピングカーサイトとバンガローのみペット同伴可となっており、実質、ペット同伴でのテント泊は出来ない形となっています。なので今回は我が家のワンコ達は不参加となりました。

チェックイン時刻の13:00少し前にキャンプ場へ到着しました。

車を駐車して車外に出たところでニョロニョロ動く生物に遭遇!
伸ばしたら1m位ありそうな立派な蛇さんがいらっしゃいました(笑)アオダイショウかな?
「ウワァーっっ!!」とか言いながら暫し子供達と蛇を観察して、センターハウスへ向かいます。

今回はネットで事前に予約していたので受付を済ませ、予約していたフリーサイトへ。フリーサイトに駐車場は有りませんが、通路脇に車を停めて荷物の積み下ろしが可能でした。芝生への車の乗り入れは禁止です。

先日購入したテントファクトリーのキャリーワゴンがついに初出動です!!
→先日の記事「TENTFACTORYキャリーワゴンレビュー!」

荷物を満載して数回往復しましたが、沢山運べるし楽々引っ張れて、荷物の運搬がかなり楽!車から設営場所まではそんなに距離は有りませんでしたが、24kgある我が家のトルテュpro.も軽々運べました!本当に買ってよかった〜!こんなに楽になるなら、もっと早く買えば良かった(笑)

→キャリーワゴンを楽天市場で探す!

今回はパパ友家のスクリーンタープをメインのリビングとし、寝室となるテントを周りに設営する事にしました。我が家のトルテュはちょっと林の様な木の間に場所を決定!子供達はフリーサイト近くの遊具広場で楽しそうに遊んでいます。



この設営場所が原因であんな事になるとはこの時は考えもしませんでした。。。

設営を終え、買い物に出かけました。

一通り買い物を終えキャンプ場へ戻り、テント内へ入ったその時!!!



自分「うゎっっっっ!!!!((((;゚Д゚)))))))」



見ると、テーブルの上に無数の蟻さんがびっしり!!!



妻「いやぁぁぁぁーーっっっ!!!なにこれーーーっっっ!!!」


妻の方へ行ってみると、テントの奥の方に置いてあったタープやテントの収納袋にも蟻さんがびっしり!!!まさかと思いながらも一応ファスナーを開けて中を見てみると、中にも蟻さんが!!!(涙)
極め付けはクーラーボックス!さすがに蓋の中までは無事だろうと思ったのも束の間、蓋を開けてみると、やっぱり居ますよ蟻さん!しかも、デザート用に持ってきたブドウのパックの中に群がって!


もう、本当にゾッとしました。。。


ウワァー!とかなんでー!?とか2人で言いながら蟻の付いた物たちを外に出し、蟻を払い落としている時に、テント自体にも蟻さんがいっぱい歩いているのを見つけました。



もう、ここで寝るのは無理だ!!


そう判断し、トルテュを引っ越しする事に決定!

ペグを全て抜き、妻と2人で両サイドからトルテュを持ち上げ、そのまま安全な場所まで引きずる様に移動しました。

image.jpeg

もうこの時点で結構ヘトヘト。。。

移動後は、蟻は多少出ましたが気になるほどではありませんでした。

そうこうしている間に夕食の準備の時間となりました。夕食のメニューはアヒージョとBBQ!
準備の間も子供達は遊びまくり。親達は交代で子供達を見ながら準備を進めます。

そして夕飯も出来上がり、スクリーンタープに集まって夕飯開始!子供達も料理に大満足!全て美味しく頂き、子供達は沢山遊んだからか早めに就寝。大人達は会話も盛り上がり、気が付けば0時近くなっていたので就寝!

翌日もみんなで朝食を食べ、11時にチェックアウトをし解散となりましたー!

友達家族と行くキャンプも楽しいですね!子供達も一緒に沢山遊べたし、一緒にテントで寝たり良い思い出になったと思います!蟻事件を除いて、本当に楽しいキャンプとなりました(笑)

今回の経験を踏まえ、設営時のチェックポイントを再確認したいと思います!


テント設営前のチェックポイント
  1. 1.地面は凹凸が無く平らか!
  2. 2.小石や小枝は落ちていないか!
  3. 3.蟻の巣は無いか!(重要!!)



と言うわけで、皆さんも蟻の巣には注意して設営しましょう!!


蟻事件や子供達の面倒を見ながらの余裕の無いキャンプでしたので、画像が極端に少なくなってしまいました事をご了承ください(笑)




アウトドア好きなら、スポーツオーソリティカードがお得です!私も持ってます^^ ↓








にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキングへ続きを読む
posted by けいすけ at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする